« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月12日 (金)

高倉健、マイケル・ダグラスさんとのエピソード<ブラックレイン>

ブラックレインの撮影中、共演者のマイケル・ダグラス氏

の長男が日本のロケ現場に遊びに来ていたとき、

高倉健さんは、日本で欲しいものは何かと尋ね、

言われるままに当時、はやっていたニンテンドーのゲーム機

を買ってあげたことがあったそうです。

しかし、あとからマイケルに

「その子が寝ずに、ゲームばかりして困る」

とさんざん文句を言われたのだそう。

苦いエピソードですね。

 高倉健・特集サイトもご覧ください。

2014年12月10日 (水)

高倉健さん「最期の手記」が「文芸春秋」新年号に掲載されます。

高倉健さん「最期の手記」が「文芸春秋」新年号に掲載されます。

「亡くなった俳優高倉健さんが、人生を振り返った内容の原稿を
死の4日前に完成させていたことが9日分かった。
「最期の手記」として、10日発売の月刊誌「文芸春秋」新年号
に掲載される。
手記は原稿用紙16枚分。
終戦~映画現場での苦労話、監督のとの交流、秘話なども
書かれている。」そうだ。

これは読みたい!

Yahooニュース

高倉健・映画特集サイトもご覧下さい。

2014年12月 8日 (月)

日曜日BSで高倉健さん映画「遙かなる山の呼び声」と「四十七人の刺客」がやってましたね。

日曜日BSで高倉健さんの映画「遙かなる山の呼び声」と
「四十七人の刺客」がやってましたね。

「遙かなる山の呼び声」を鑑賞し、「四十七人の刺客」
は録画しました。

 高倉健さんの若い時の体躯はすごいですね。

 今の俳優さんの「作られたボディー」ではなく、
労働者の体躯をされてます。

 この体の作り方も、研究されてたんでしょうかね。

高倉健・特集サイトもご覧下さい。

2014年12月 5日 (金)

高倉健とリドリー・スコットのエピソード

(Yahooニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141205-00034131-crankinn-movi

高倉健とリドリー・スコットのエピソード

現地時間12月3日、ハリウッド大作『エクソダス:神と王』
のワールドプレミアがロンドンで開催され、
メガホンをとった巨匠リドリー・スコット監督が出席。

その後、巨匠リドリー・スコット監督が高倉健さんとの
エピソードを語った。。

「あるとき、僕はひどい風邪をひきながらタバコを吸い続け
ていたんだ。健さんはそんな僕に毎朝『タバコはやめた方がいい』
と助言してくれて、風邪が長く続いていると知ると
『私が治してみせる』と言って翌日には漢方薬を
持ってきてくれた。
その薬を飲んだ2日後には治ってしまったのをよく覚えている」。

また「お互いにクリスマスカードを送ったり、
毎年連絡を取りあう仲だったよ」と撮影後も交流があったという。

映画撮影の終わりに高倉さんから貰った編み細工の籠(かご)
を今でも大事にとってあると話し、
「それを見るたびに“ケン・タカクラ”を思い出す。
いつも親切に接してくれたことは今でも忘れられない」
と思いをはせた。

ブラックレインは、
ブレードランナーからのファンである私にとって、
リドリー・スコットの映像に、高倉健、松田優作が
映っているだけで満足だった。

松田優作さんが、亡くなったこともあり、
6回映画館に足を運んだ。

⇒ 高倉健・特集 サイトもご覧下さい。

2014年12月 4日 (木)

菅原文太さんまで亡くなるとは。。

菅原文太さんまで亡くなるとは。。

菅原文太さんといえば、「仁義なき戦い」
「トラック野郎」が代表作ですが、
テレビに出演している「坂上忍」さんを
みて、

TVドラマ「中卒・東大一直線 もう高校はいらない!」
を思い出しました。

菅原文太さんの初めてのインテリ役じゃなかったかな。

主題歌「バラッドをお前に」 THE MODSは当時を
思い出す曲です。

菅原文太さんは、高倉健さんとの共演作品は。
映画『神戸国際ギャング』です。

泉ピン子さんも出演してますね。



神戸国際ギャング【DVD】

は~あ、、、昭和が終わるな~。

ご冥福をお祈りしたします。

⇒ 高倉健・特集 サイトもご覧ください。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

最近のトラックバック