« 第3回AKB総選挙結果をテレビで見て。。名作映画「摩天楼を夢みて」を思い出した! | トップページ | 映画マトリックス(The Matrix)は仏教映画 »

2011年6月24日 (金)

[洋画]マトリックス(The Matrix)<監督:ウォシャウスキー兄弟>

お勧め名作映画(洋画邦画)

【マトリックス(The Matrix)】

アメリカ映画
1999年公開映画
監督:ウォシャウスキー兄弟
出演者:キアヌ・リーブス
    ローレンス・フィッシュバーン
    キャリー=アン・モス

近未来。
コンピュータ・プログラマーの
ネオ(キアヌ・リーヴス)は
裏稼業ではネオと呼ばれる凄腕の
ハッカー。

ある日、突然トリニティ
(キャリー=アン・モス)と名乗る美女
の接触を受け、彼女に導かれて、
モーフィアス(ローレンス
・フィッシュバーン)という
人物に会います。

彼はネオが生きているこの世は、
実はコンピュータが創造した仮想世界で、
実際は彼らが造り出した巣の中で
夢をみせられているだけだという
恐るべき真実を告げます。

人間がエネルギー採取のため、
栽培される世界!
それが現実の世界!

ネオはコンピュータの支配
を覆す救世主と目されて彼らの仲間に
迎え入れられ、仮想空間でコンピュータと
格闘できるだけのスキルを訓練されます。

戦う相手は、コンピュータの手先である
エージェントたち。
彼等のパワー、スピードは人間が太刀打ち
できるようなものではなく、
そのエージェントたちと戦うには、
救世主が必要だったのです。

そして、仮想空間で殺されると、
現実の肉体も死んでしまう!

だが、モーフィアスに引き合わされた
予言者(グロリア・フォスター)は
ネオに「あなたは救世主ではない」
と告げる。

ほどなく、コンピュータの手先である
エージェント・スミス
(ヒューゴ・ウィーヴィング)に
籠絡されたサイファー
(ジョー・パントリアーノ)の裏切りで、
仲間は次々に殺され、
モーフィアスもネオたちを守るために
戦いを挑み、
エージェントたちの捕獲される。

ネオは自分は救世主ではないと
トリニティに事実を告げながらも、
モーフィアスを救出するため、
エージェント・スミスらの元に彼女と
共に乗り込みます。

救世主ではないといわれながら、
必死にエージェントと戦うネオ。
その力は徐々に覚醒しはじめ、

そして、
見事モーフィアスを救出することに成功
します。
しかし、そのネオの前に、
エージェント・スミスが立ち塞がります。

激闘の末、脱出のためにマンションに
逃げ込んだネオはスミスの銃弾
の前にあえなく殺される。

しかし、

予言者はトリニティに彼女が愛する者
が救世主となると告げていたのだ。

そして彼女はネオを愛するように
なっていた。

こうして、ネオは救世主として
再生し、スミスらを倒し、
新たにコンピュータに戦いを
挑んでいくのだった。

« 第3回AKB総選挙結果をテレビで見て。。名作映画「摩天楼を夢みて」を思い出した! | トップページ | 映画マトリックス(The Matrix)は仏教映画 »

お勧め名作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575494/52030978

この記事へのトラックバック一覧です: [洋画]マトリックス(The Matrix)<監督:ウォシャウスキー兄弟>:

« 第3回AKB総選挙結果をテレビで見て。。名作映画「摩天楼を夢みて」を思い出した! | トップページ | 映画マトリックス(The Matrix)は仏教映画 »

最近のトラックバック