« 狼たちの午後<シドニー・ルメット監督映画> | トップページ | レザボア・ドックス:クエンティンタランティーノ監督とレディー・ガガ »

2011年5月20日 (金)

レザボア・ドックス<クエンティン・タランティーノ監督>

お勧め名作映画談義

【レザボア・ドックス】

アメリカ映画
監督:クエンティン・タランティーノ
出演者 ハーヴェイ・カイテル
    ティム・ロス
    マイケル・マドセン
    スティーヴ・ブシェミ
    クエンティン・タランティーノ

強盗のために集められた、

素性を知らない人間達が、

宝石強盗計画を実行した。

が、事前に警察はこの宝石強盗を把握しており、

Mr.ホワイトと重傷を負った

Mr.オレンジは命からがらアジトに逃げ帰る。

そこにMr.ピンクがアジトに到着し、

「この中に裏切り者がいる」

と言い始める。

生き残った男たちが徐々にアジトに集まってくる。

ほぼ、密室劇でくりひろげられる映画。

オープニングの男たちが飲食店で、

無意味なマドンナのライク・ア・バージン

についての見解を話すシーンの映像からも

この映画の力を感じました。

かなり引き込まれます。

また、男たちが揃って歩くオープニングシーン。

かなり格好いいです。

George Baker Selectionの曲「Little Green Bag」

をバックに!

出演者の中では、

ハーヴェイ・カイテルがカッコいい!

どこか変わった役が多いハーヴェイ・カイテル

ですが、この映画での彼は渋くて男気があって。

また、ミスター・ブロンドの登場シーン

も良く考えられています。

ハーヴェイ・カイテルとスティーヴ・ブシェミ

が争い、拳銃を向け合う、

構図は、歌舞伎みたいです。

そして、ミスター・ブロンドの登場するまでの

流れは完璧です。

格好よすぎます。

そして、ミスター・ブロンドが撃たれたあと

のストーリー展開もすごい!

この映画は、いろいろな過去の名作に影響を

うけて撮られた映画ですが、

ここまで、密室劇で撮られたものはないでしょう。

必見の映画です。

ただ、乱暴なシーンもあるので苦手な方は気をつけて!

« 狼たちの午後<シドニー・ルメット監督映画> | トップページ | レザボア・ドックス:クエンティンタランティーノ監督とレディー・ガガ »

お勧め名作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575494/51723848

この記事へのトラックバック一覧です: レザボア・ドックス<クエンティン・タランティーノ監督>:

« 狼たちの午後<シドニー・ルメット監督映画> | トップページ | レザボア・ドックス:クエンティンタランティーノ監督とレディー・ガガ »

最近のトラックバック