« [邦画]赤ひげ<黒澤明監督映画> | トップページ | ウィズダム 夢のかけら<エミリオ・エステベス監督作品> »

2011年5月23日 (月)

[洋画]トゥルー・ロマンス<トニー・スコット監督作品>

お勧め名作映画談義(邦画洋画)

【トゥルー・ロマンス】

アメリカ映画
1993年製作

監督 トニー・スコット
脚本 クエンティン・タランティーノ
出演者 クリスチャン・スレーター
パトリシア・アークエット
音楽 ハンス・ジマー

レザボア・ドックスからのクエンティン・タランティーノ

ブーム!(みなさんの周りはどうでしたか?)

の勢いをかり、話題になった映画「トゥルー・ロマンス」。

ある夜、コミック・ショップに勤める主人公の若者が、

千葉真一主演の映画『激突! 殺人拳』が上映されている

映画館で若い女性と出会う。

二人は深い恋に落ち、翌日には結婚する。

しかし女はコールガールだった。

男は彼女のポン引きを殺し、

彼女の荷物と間違えてヒモのコカインを

盗んでしまう。

しかし実は、コカインはイタリアン・マフィア

のものだった。

マフィアに追われて逃亡する二人。

この映画で、

ブラッド・ピットが脇役での出演していること

も面白かったが、

やはり、一番印象に残っているシーンは、

クラレンスの父親役のデニス・ホッパーが

マフィア役のクリストファー・ウォーケン

と対峙するシーンだ。

台詞といい間といい最高だった。

なぜか、高倉健と勝新太郎でやってもらい

と思ったシーンだった。

ラストはハッピーエンドだが、

クエンティン・タランティーノが監督していたら

こうはならなかったでしょうね。

本当は、自分で監督したかったんだろうな~。。

« [邦画]赤ひげ<黒澤明監督映画> | トップページ | ウィズダム 夢のかけら<エミリオ・エステベス監督作品> »

お勧め名作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575494/51751504

この記事へのトラックバック一覧です: [洋画]トゥルー・ロマンス<トニー・スコット監督作品>:

« [邦画]赤ひげ<黒澤明監督映画> | トップページ | ウィズダム 夢のかけら<エミリオ・エステベス監督作品> »

最近のトラックバック