« 死刑台のエレベータ<ルイ・マル監督映画> | トップページ | 道<フェデリコ・フェリーニ監督映画> »

2011年4月24日 (日)

気狂いピエロ<ジャン=リュック・ゴダール監督映画>

お勧め名作映画談義

【気狂いピエロ】

フランス映画
監督:ジャン=リュック・ゴダール
出演:ジャン=ポール・ベルモンド
アンナ・カリーナ

ブルジョワ生活に飽き、昔の恋人と南仏に

冒険の旅に出かけた男の悲喜劇。

メロドラマ、フィルム・ノワール、

アクション映画などに

哲学的エッセイを加えた

ヌーヴェル・ヴァーグの旗手

ジャン=リュック・ゴダール監督の

代表作です。

フェルディナン・グリフォン(J=P・ベルナンド)は。

パリの高級アパート。金持ちのイタリア女性

と結婚してブルジョワ生活を満喫しているが、

その生活にもそろそろ飽きてきている。

彼のかつてのあだ名は「気狂いピエロ」。

何をやらかすかわらない男であった。

J=P・ベルモンド演じる主人公が

「おれは馬鹿だ」

とつぶやき、

ダイナマイトで爆死する姿に

ランボーの詩のモノローグがかぶさるラスト。

(「勝手にしやがれ」では「お前は最低だ」だったが。)

ジャン=リュック・ゴダール監督が描く人間は、

地に足がついていない、2,3cm足が浮いて

いる生産性がない人間。

自分がなにも産み出していないことを

気にもしていない人間。

この映画はゴダールスタイルを面白く、

楽しめる、稀有な映画です、

これでだめだと後はつらいかもしれない、

これが楽しめると、後のゴダール映画も

楽しめるかもしれません、

ゴダールスタイルの格好良さ、

尊敬する気持ちがきっと生まれるので。

間違っても他の映画から入らないほうがよいかと。。。

« 死刑台のエレベータ<ルイ・マル監督映画> | トップページ | 道<フェデリコ・フェリーニ監督映画> »

お勧め名作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575494/51714299

この記事へのトラックバック一覧です: 気狂いピエロ<ジャン=リュック・ゴダール監督映画>:

« 死刑台のエレベータ<ルイ・マル監督映画> | トップページ | 道<フェデリコ・フェリーニ監督映画> »

最近のトラックバック