« ライムライト<チャールズ・チャップリン監督映画> | トップページ | チャップリンの独裁者<チャールズ・チャップリン監督映画> »

2011年4月16日 (土)

モダン・タイムス<チャールズ・チャップリン監督映画>

お勧め名作映画談義

【モダン・タイムス】

アメリカ映画
1936年製作
監督:チャールズ・チャップリン
出演:ポーレット・ゴダード
チャールズ・チャップリン

この映画、子供のときはただ、面白く

みましたが、

今は、身につまされる思いでみて

しまいます。

ネジ工場の労働者チャーリーは、

毎日ひたすらネジを締めるだけの

労働を朝から晩までつづけている。

そのため、私生活でもその動作が

止まらなくなり、ついには

病院に送り込まれます。

−そのときから彼の波乱万丈の物語が始まる。

チャップリンは、

分かりやすく「動作」にしているが、

最近の日本にある社会問題、

鬱病、汚職不正など

会社や組織に所属していなければ起こりよう

がない、、問題も同じですね。

社会や組織が個人を侵食していく。。

人間の自由という、普遍的なテーマを

題材にした映画です。

でも、笑えます、、しかし、

ふと、笑えなくなる。

まさに、名作!

« ライムライト<チャールズ・チャップリン監督映画> | トップページ | チャップリンの独裁者<チャールズ・チャップリン監督映画> »

お勧め名作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575494/51714271

この記事へのトラックバック一覧です: モダン・タイムス<チャールズ・チャップリン監督映画>:

« ライムライト<チャールズ・チャップリン監督映画> | トップページ | チャップリンの独裁者<チャールズ・チャップリン監督映画> »

最近のトラックバック