« チャップリンの独裁者<チャールズ・チャップリン監督映画> | トップページ | キッド<チャールズ・チャップリン監督映画> »

2011年4月18日 (月)

街の灯<チャールズ・チャップリン監督映画>

お勧め名作映画談義

【街の灯】

アメリカ映画
1931年製作
監督:チャールズ・チャップリン
出演者:チャールズ・チャップリン
バージニア・チェリル

バージニア・チェリル演じる

盲目の花売り娘と浮浪者チェーリー

との恋物語は、サーカスの事故が

もとで失明した道化師と

病身で神経質なその娘の実話をもとにして

生まれたそうです。

目の病が癒えた花売りの娘が

触れた手の感触で、

恩人チャーリーに気づくシーンの

「YOU」

という一枚の字幕が、トーキーでは表現できない

感動を呼びました。

花売りにの娘にどうやってチャーリー

を金持ちと誤解させるか?

高級車のドアが閉まる音を使って

誤解させるシーン。

このシーン、チャップリンはかなり悩みに

悩んで生み出したそうです。

« チャップリンの独裁者<チャールズ・チャップリン監督映画> | トップページ | キッド<チャールズ・チャップリン監督映画> »

お勧め名作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575494/51714273

この記事へのトラックバック一覧です: 街の灯<チャールズ・チャップリン監督映画>:

« チャップリンの独裁者<チャールズ・チャップリン監督映画> | トップページ | キッド<チャールズ・チャップリン監督映画> »

最近のトラックバック