« 影の軍隊<ジャン=ピエール・メルヴィル監督映画> | トップページ | グロリア<ジョン・カサヴェデス監督映画> »

2011年3月15日 (火)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ<セルジオ・レオーネ監督作品>

お勧め名作映画談義

【ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ】

アメリカ
1984年製作
監督:セルジオ・レオーネ
出演:ロバート・デ・ニーロ
ジャームズ・ウッズ
エリザベス・マクガヴァン

セルジオ・レオーネの傑作!

何回みたことか!

ロバート・デ・ニーロがカッコいい!

渋い!

エンニオ・モリコーネの音楽がいい!

長時間、飽きさせません!

20世紀前半、弱肉強食のギャング社会、

そこに生きる人間たちを、

叙情的に、ノスタルティックに、

そして、ロマンティックに描いた作品です。

ニューヨークの貧しいスラム街に生まれた

ユダヤ系青年ヌードルスと幼友達のマックス。

グループを組んで悪事を働きながら

ギャングの世界へと入っていきます。

また、少女時代のジェニファー・コネリーが

可愛らしく出演しています。

一番印象に残っているシーンは、

ロバート・デニーロが、コーヒーカップを

スプーンでまぜながら、周りに座る仲間達

を見回すシーン。

かき混ぜるスプーンの音と、

周りを見回すロバート・デ・ニーロの目。

異様な緊張感!

セルジオ・レオーネ監督って

余裕があるな。。

作品全体を盛り上げている音楽は、

そして、ラストシーン、、、

デ・ニーロはにっこり笑います。

なぜ、でしょう。。

そして、流れるエンニオ・モリコーネの

音楽、、これ絶品です!!

このシーンだけでも、何度も見てしまいます!

私は、ゴットファーザー�Uの前に

この映画を見て、

その前は、タクシードライバー、

キング・オブ・コメディーを見ていたので、

すこし、怪しいイメージのあった

ロバート・デ・ニーロが

渋く恰好いい俳優だなっ!と再認識した

映画でした。

しかし、こんな映画、、この十年以上作られて

ないですね。

(寂しい!)

« 影の軍隊<ジャン=ピエール・メルヴィル監督映画> | トップページ | グロリア<ジョン・カサヴェデス監督映画> »

お勧め名作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575494/51696641

この記事へのトラックバック一覧です: ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ<セルジオ・レオーネ監督作品>:

« 影の軍隊<ジャン=ピエール・メルヴィル監督映画> | トップページ | グロリア<ジョン・カサヴェデス監督映画> »

最近のトラックバック