« [洋画]暴力脱獄<スチュアート・ローゼンバーグ監督映画> | トップページ | [洋画] パリ、テキサス<ヴィム・ヴェンダース監督映画>   »

2011年1月24日 (月)

[洋画]レイジング・ブル<マーチン・スコセッシ監督映画>

お勧め名作映画談義(邦画洋画)

【レイジング・ブル】

アメリカ映画
1980年製作
監督:マーチン・スコセッシ
出演:ロバート・デニーロ
ジョー・ペシ

カメレオン・俳優ロバート・デニーロの

すごさを感じた映画です!

ラ・モッタを演じたロバート・デ・ニーロは

完璧主義の役者魂も凄まじい。

彼は引退後のラ・モッタを演じるため

体重を25キロも増やしたりした。

スコセッシの映像技術もすばらしく、

アメリカでは、

80年代作品のベストワンに選ばれました。

この映画は、実在のプロボクサー、

ジェイク・ラモッタの自伝の映画化です。

ジェイク・ラ・モッタの異常な

までの偏執狂的嫉妬心、

コントロールを失った自我、猜疑心

を暴力によって表現しています。

そしてラモッタは、

贖罪をするように、

敵のパンチを浴び、

独房の壁に頭を打ちつける。

この男のグダグダな呪われたような

抑制不能の精神状態は、多感な頃に見ると

身につまされる共感を感じます。

« [洋画]暴力脱獄<スチュアート・ローゼンバーグ監督映画> | トップページ | [洋画] パリ、テキサス<ヴィム・ヴェンダース監督映画>   »

お勧め名作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575494/51775231

この記事へのトラックバック一覧です: [洋画]レイジング・ブル<マーチン・スコセッシ監督映画>:

« [洋画]暴力脱獄<スチュアート・ローゼンバーグ監督映画> | トップページ | [洋画] パリ、テキサス<ヴィム・ヴェンダース監督映画>   »

最近のトラックバック