« [洋画]自転車泥棒<ヴィットリオ・デ・シーカ監督映画>  | トップページ | [洋画]太陽がいっぱい<ルネ・クレマン監督映画> »

2011年1月 2日 (日)

[洋画]十二人の怒れる男 <シドニー・ルメット監督映画>

お勧め名作映画談義(邦画洋画)

【十二人の怒れる男】

アメリカ映画
1957年製作
監督:シドニー・ルメット監督
出演:ヘンリー・フォンダ
E・Gマーシャル

レジナルド・ローズのテレビドラマの映画化。

十七歳の少年の殺人裁判をめぐる

十二人の陪審員の討論劇。

最初十一人が有罪で、フォンダ一人が

無罪を主張、彼の洞察力と

説得で一人ずつ無罪に傾き、

ついに全員一致で無罪と評決する。

最初から最後まで、計算しつくされた

演出が生み出した秀作です。

テレビのワンセット・ドラマの形式を

映画に逆輸入した画期的作品。

ラストシーン以外のカメラは裁判所の

外へ一歩も出ず、密室劇として

緊迫感を盛り上げていく。

一分の隙も無い構成。

陪審員裁判。舞台。

まさに、密室劇の傑作!

« [洋画]自転車泥棒<ヴィットリオ・デ・シーカ監督映画>  | トップページ | [洋画]太陽がいっぱい<ルネ・クレマン監督映画> »

お勧め名作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575494/51768461

この記事へのトラックバック一覧です: [洋画]十二人の怒れる男 <シドニー・ルメット監督映画>:

« [洋画]自転車泥棒<ヴィットリオ・デ・シーカ監督映画>  | トップページ | [洋画]太陽がいっぱい<ルネ・クレマン監督映画> »

最近のトラックバック