トップページ | [洋画]十二人の怒れる男 <シドニー・ルメット監督映画> »

2011年1月 1日 (土)

[洋画]自転車泥棒<ヴィットリオ・デ・シーカ監督映画> 

お勧め名作映画談義(邦画洋画)

【自転車泥棒】

イタリア映画
1948年製作
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ監督
出演:ランベルト・マジョラーニ
エンツイオ・スタイオーラ(子役)

イタリアに生まれたネオリアリズム映画

の頂点に位置する作品。

第二次世界大戦直後、混乱のローマ。

戦後の貧しい時代に、

失業中の父はポスター貼りの仕事

にありつくが、作業に必要な

自転車という唯一の商売道具を

盗まれてしまう。

6歳の息子を連れて必死に捜すが

みつからない。

どうしようもなく、

悪いとは思いながら他人の自転車

を盗もうとして捕まる父。

あまりのみじめさとやるせなさに

男泣きに泣く父親の手を、

子供がそっと握る。

(もともと被害者で、真面目な人間なのに、

それも子供の前で・・)

ビットリオ・デ・シーカ監督は、

撮影の全てに実景を用い、

狭い室内にカメラを持ち込んで、

貧しい人々の生活をリアルに

活写した。

なんともやるせない映画です。

トップページ | [洋画]十二人の怒れる男 <シドニー・ルメット監督映画> »

お勧め名作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575494/51768460

この記事へのトラックバック一覧です: [洋画]自転車泥棒<ヴィットリオ・デ・シーカ監督映画> :

トップページ | [洋画]十二人の怒れる男 <シドニー・ルメット監督映画> »

最近のトラックバック